診断ツール

close Lenovo Solution Center (LSC)

Lenovo Solution Center (LSC)は、システムの健全性とセキュリティを監視する総合的ソフトウェアです。LSCを使用することでウイルスやファイアウォールの監視、ソフトウェアのアップデート、バックアップの実行、バッテリー状態の確認ができ、また登録・保証に関する情報も得ることができます。さらに、ハードウェアのテストを実施してパフォーマンスの最適化を図ることができます。LSCはスナップショット機能を搭載しており、LSCを初めて起動した時と現在のハードウェア・ソフトウェアの構成を比較することができます。

LSCはWindows 8.1、Windows 8、Windows 7初期導入のThinkPad、ThinkPad Tablet、ThinkCentre、ThinkStation、IdeaCentre、Lenovo エッセンシャル (Lenovoシリーズ) にプリロードされています。


lsc_preview

ダウンロード:
close 問題別 Windows 診断ツール

LSC を導入しない場合でも、迅速かつ簡単に問題別診断ツールをダウンロード・実行できます。問題別診断には以下項目があります。

quick
Lenovoクィック テスト
ダウンロード: 32bit用| 64bit用


自分のPCが Windows 32ビットか64ビットか確認するには


Linux 診断ツール

Linux 診断ツール は、ハードドライブとメモリーのクイックテストを組み合わせた診断ツールです。Red Hat Enterprise Linux と SUSE Enterprise Linux それぞれの 32ビット版 と 64ビット版に対応しています。

Red Hat Linux:

SUSE Linux:
close UEFI ( Unified Extensible Firmware Interface) 診断ツール 起動ディスク 

UEFI 診断ツール 起動ディスク は、 OSを起動していないシステムで起動ディスク(USB) から直接テストを実行できるツールです。ストレージが破損した場合、この診断プログラムをUSBメモリーから起動してメモリーとハードウェアデバイスをテストすることができます。 インストールOSに関係なく、2012年以降に生産されたUEFI 対応 のThinkPad システムと2013年以降に生産されたThinkPad、ThinkCentre、ThinkStation、ThinkServer、Lenovo エッセンシャル (Lenovoシリーズ) でご利用いただけます。


診断ツール 起動ディスク

診断ツール 起動ディスク は、OSを起動していないシステムで起動ディスク(CDまたはUSB) から直接実行できるハードウェアデバイスの診断ツールです。インストールOSに関係なく、ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStation、ThinkServer、Lenovo エッセンシャル (Lenovoシリーズ) でご利用いただけます。

診断の条件

以下の表は、状況に応じた診断方法を示します。


Lenovo 診断ツール
 状況
Lenovo Solutions Center
  1. LSC がインストール済み
  2. Windows 7以上が起動できる
問題別 Windows 診断
Windows 7 以上が起動できる
Lenovo Solutions Center
  1. LSC がインストールされていない
  2. UEFI 診断プログラムがシステムに搭載済み
UEFI 診断プログラム
  1. UEFI 対応システムが対象の場合
  2. UEFI 診断プログラムがインストールされたブート可能USBメモリーの用意ができている、またはインストールファイルがダウンロードできて、ブート可能USBメモリーが作成できる場合
ThinkStation 診断
  1. ThinkStation 診断は、ワークステーションに初期搭載済み (2017年7月以降出荷のモデル: P410, P510, P710, P910 リフレッシュ)